大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

ホッキョクギツネ


hokkyokugitune100227_2.jpg



 ホッキョクギツネは、北極周辺のツンドラや海岸地帯に分布しています。 冬季には雪の上で目立たない白い色に、夏にはツンドラの岩の色に似たグレーや褐色になります。
 体型は丸く、鼻口部や脚は短く、耳が小さく分厚いのですが、これは体の表面積を小さくし、体温をできるだけ逃がさないようにする適応だと考えられます。
 太い大きな尾は、岩から岩へと飛び移るなどの行動時のバランスを保つのに役立つ他、休む時には顔を覆う“防寒具”としても役立っているようです。

 ホッキョクギツネは、穴を掘って、食べ残した餌を隠す習性があります。 旭山動物園でもさかんに雪を掘って食べ物を隠していました。 下は、食べ物を隠した上にかぶせた雪を、前足と鼻で押しつけ、分からなくしているところです。


ホッキョクギツネ


スポンサーサイト
コメント
No title
>食べ物を隠した上にかぶせた雪を、前足と鼻で押しつけ、分からなくしているところです。

カワイイ!!

ホッキョクギツネ、初めて聞きました。
2010/03/23(火) 22:48 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
No title
> ホッキョクギツネ、初めて聞きました。

恒温動物の近縁の種を比較すると、一般に寒冷な地域に生活するものほど耳・吻・首・肢・翼・尾などの突出部が短くなる傾向が見られるという「アレンの法則」の例として、キツネの仲間の比較も有名です。
2010/03/24(水) 22:53 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード