大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

シマオオタニワタリ(宮良殿内の庭)

宮良殿内の庭

上の写真は、3月27日の記事に書いた宮良殿内の庭です。 造礁サンゴなどによって作られた石灰岩が配置され、いい雰囲気を持っています。 が、育っている植物はやはり大阪などとはかなり違っています。 その中で、今回は画面の右端と左端に写っているシマオオタニワタリ(?)を取り上げます。
上で(?)をつけたのは、オオタニワタリの仲間には何種類かあり、よく似ているのですが、写真のようにロープが張られていてそれ以上は立入禁止で近寄れなかったためです。 ソーラスの付いている様子が、葉の中央より先端よりで、中肋と葉縁の中間でとまっていることから、シマオオタニワタリであろうと判断しました。
オオタニワタリの仲間は着生植物(寄生ではありません)で、樹木の幹などにくっついて育ちます。 たくさんの大きな葉を斜め上に向けて伸ばし、全体としては漏斗のような形になって落ち葉を集め、腐らせ、その周囲に細かいたくさんの根を出します。 要するに自分で腐葉土を作ってそこに雨水を蓄え、肥料分もそこから吸収する仕組みです。 ですから、根元には大きなフワフワのかたまりができることになり、そこにいろんな植物が育ち、そこで暮らす昆虫も現れます。
下は上の写真の左側のシマオオタニワタリですが、その根元にはたくさんのオキナワウラボシが育っています。

シマオオタニワタリ
スポンサーサイト
コメント
No title
枯山水のおすまししたお庭に比べると
お庭がイキイキと見えます。

白砂を敷き詰めた庭に石がポツンポツンと置いてあるのはちょっと近寄りがたく、
石灰岩とミドリ、赤土がなんとなく無造作なカンジ、
で、好感が持てます。
縁側に座って瞑想する?んじゃなくって、ここはお庭を散策できる?んですね。
2009/03/31(火) 15:22 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
No title
お寺の庭じゃないですからね。
修養の庭ではなく、安らぐための庭でしょう。
2009/04/01(水) 07:03 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード