大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリメンナガボソウ

チリメンナガボソウは漢字で書くと「縮緬長穂草」。下の写真、とまっているオオゴマダラは別の日に主役として取り上げますので、今は、長い穂と、縮緬(ちりめん)状にちぢれたような葉(写真の右側)を見ておいてください(明日の記事に関係します)。

チリメンナガボソウ1

長い穂を伸ばしながら、下から順に咲いていきます。 1つの穂には数個の小さな花しかつきませんが、群生すると、それなりに見ごたえがありますし、花の拡大もなかなかのものです。

チリメンナガボソウ2


チリメンナガボソウ(Stachytarpheta dichotoma)はクマツヅラ科に分類される北米原産の帰化植物で、多年性草本ですが亜低木にもなりす。 この花も1年中咲くようです。 さすがに冬の無い八重山諸島です。

同じクマツヅラ科で大阪付近でもよく見られる帰化植物には、ヤナギハナガサやアレチハナガサなどのバーベナの仲間があります。 こちらの花穂はそんなに長くは伸びませんが、温度さえあればいつでも咲いていますし、小さい花が次々と咲き上がるなどは共通で、チョウをはじめとして、さまざまな虫たちが来ています。
スポンサーサイト
コメント
想像すると・・・・
長~い穂に二つ三つだと、ちょっと寂しげですが、
これが順番に咲いていくと見ごたえありますよね、
それが、小さい花でもたくさん付いてると・・ 

小さな薄紫のお花、ジィ~~っと見てみると、
なんだか毛があるような、粉がふいてるような・・・・
見間違いかしら??
2008/12/20(土) 10:38 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
冬のない八重山諸島・・
オオゴマダラの脚は紫なのかと思ってしまいましたが
チリメンナガボソウの花なんですね
小さな花!
寒い季節には南の島に移住したいと毎年夢想してしまいます
花も蝶も海の色もまったく違う・・・


2008/12/20(土) 13:18 | URL | エフ #yy.FBi86[ 編集]
No title
わんちゃん、花弁には小さな毛があるようですね。私も撮影している時は気がつかなかったのですが、コンピュータの画面で拡大して気がつきました。

エフさん、この写真はクリックすると拡大しますが、その拡大した写真をさらに拡大できます。拡大のしかたはブラウザやPCのOSによりますが、写真の上でクリックするか、写真の右下にマウスを持ってくると拡大用のアイコンが現れるなどでできると思います。
> 寒い季節には南の島に移住したいと毎年夢想してしまいます
南の島は台風が怖いですよ。
2008/12/21(日) 07:43 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。