大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甌穴

甌穴

西表島・浦内川の中流域に、たくさんの丸い穴の開いている場所がありました。 多くの穴の中には、丸い岩石が入っています。
この穴は甌穴(おうけつ)またはポットホール(pot hole)、かめ穴などと呼ばれています。
甌穴のでき方は、岩のくぼみに転がってきた岩石が入り、その岩石が川の渦流で回転することで、載っている岩を擦り減らして窪みを深くし、自身も角が取れて丸くなったものです。
「甌」は「かめ」の意味です。 穴の中でも岩石が回転して周囲の岩を削るものですから、口の部分より奥の方が広くなったかめ型の穴になるわけです。
静かに見えるこの川も、増水時には濁流になるのでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
み~んな長い間に
岩に穴が開いて、そこに落ちた岩石が丸くなるんですか?
う~~ん
どれほどの年月が経ってるんでしょうねぇ・・・・

岩石を丸くするくらいの、スゴイ水の力
静かな様子からは想像もつきません
その増水時の濁流の凄さが。


2009/02/02(月) 15:08 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
継続は力
時間をかけてコツコツ削られたのでしょうね。
甌穴そのものはあちこちで見られます。
木曽の「寝覚ノ床」にも大きな甌穴があります。
2009/02/03(火) 06:52 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
No title
そのぅ
「寝覚ノ床」を列車の中から見たことがあるんです。
きまって車掌さんのアナウンスがあったんです。
窓の外に目をやると、
大きな平たい岩が、あったような記憶があります。
信州に行く時で、夜行列車で夜明けごろだったのか、
新幹線で名古屋で乗り換えて信州に向かう時だったのか
木曽福島のちょっと手前??

40年以上も昔のことで、記憶が斑模様・・・・・
そんな列車に乗って何回か信州に行ったんですけど・・・・
2009/02/03(火) 21:46 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
No title
大きな平たい部分は節理でできた部分で、これもすばらしいものですが、甌穴とは関係ありません。
寝覚ノ床も岩の上を歩くと、なかなか面白いですよ。
2009/02/04(水) 07:07 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。