大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

アオタテハモドキ

アオタテハモドキ

石垣市市街地のはずれにいたアオタテハモドキです。
マダラチョウ科の蝶と違って毒を持っていない暖かい所のタテハチョウ科は元気そのもの、なかなか近づくことができません(写真もかなりトリミングしていますので、画像が荒れています)。 近づけば逃げますが、それでも写真のような地面が見える草地を行ったり来たりするだけで、決して林の中へ入り込もうとはしませんでした。

モドキとは、似ているがちがう、という意味ですが、アオタテハという蝶はいませんので、「アオタテハモドキ」は「青いタテハモドキ」でしょう。 でもタテハモドキという蝶はいるのですが(こちら)、このタテハモドキは、名前からするとタテハチョウではないことになりますが、立派な(?)タテハチョウです。
どうもジャノメチョウの仲間のように目玉模様が目立つタテハチョウの仲間に「○○タテハモドキ」という名前がつけられているようですが、それなら、「○○ジャノメモドキタテハ」とすべきでしょうに・・・ (名前が長すぎるかな?)

アオタテハモドキも土着地では周年成虫を見ることができるようです。 この蝶も地球温暖化の影響か、北上してきている蝶で、昨今では宮崎や鹿児島でも棲息が確認されているようです。
幼虫の食草は、キツネノマゴなどのキツネノマゴ科の植物であったのが、北上に伴い、オバコも食草としているようです。

写真はオスですが、メスは赤を基調とするものの、灰色が強かったり、青色がついていたりと、多様です。
-----
エフさんのブログには、迷チョウとして長崎に飛んできたアオタテハモドキの記事があります。
スポンサーサイト
コメント
温暖化
虫やお花の生態系をくずしてしまうんですね
今更ながら・・・・・・

アオタテハモドキ、エフさんが目撃したのもちっともじっとしてなかったんですよね。
やっぱり毒を持って無いから?
それとも単なる元気モン?



2009/01/04(日) 14:48 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
チョウに遊ばれたようです
アオタテハモドキが元気なのは、1つには活動するのに温度が暑すぎず寒すぎずということもあるのでしょうね。
とにかく飛び方には勢いがありました。
でも遠くには行ってしまわない・・・
なんだかチョウに遊ばれているようでした。
2009/01/04(日) 21:54 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
宮崎、鹿児島に棲息・・・
そのうち長崎でも迷チョウではなくなるかも
温度に敏感なんですね

今まで撮ったチョウの中で落ち着かないチョウ№1!
アオタテハモドキには翻弄されました
そよかぜさんも同じところを行ったり来たりでしたか
あはは目に見えるようです 同じですね~
2009/01/04(日) 22:10 | URL | エフ #yy.FBi86[ 編集]
種としての特性
石垣島と長崎、場所も時期も違うのにエフさんと同様な体験をしたということは、その場所の環境のせいでもなく、その個体の行動特性でもなく、アオタテハモドキの種としての特性だということになりますね。
2009/01/05(月) 07:00 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード