大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

ボタンボウフウ

ボタンボウフウ 1

ボタンボウフウ( Peucedanum japonicum )は、関東以西の海岸沿いに自生するセリ科の多年草ですが、特に九州南部から沖縄諸島の海岸沿いに多いようです。
 石垣島では、自生しているものも見ましたが、あちこちの家の庭に植えられており、「長命草」とよばれて、薬草として、また野菜としても利用されるということでした。
 ホテルの食事にも、刺身にパセリを添えるように、このボタンボウフウの葉の上に刺身が盛られていました。 もちろん食べてみましたが、パセリに似た苦味をベースに、パセリとは少し違った味と香りがあり、刺身と一緒になかなか美味しくいただけました。

ボタンボウフウは葉が牡丹に似ているボウフウ、ボウフウは「防風」で、こんな草がなぜ風を防ぐのかと疑問に思っていましたが、この「風」は「風邪」のことのようです。
セリはもちろん、パセリもセリ科、セリ科の植物には食材として利用されるものがいろいろあります。 同じセリ科のアシタバは有名になりましたが、このボタンボウフウ=長命草も、健康食品としてこれから有名になってくるのかもしれません。

ボタンボウフウ 2
スポンサーサイト
コメント
サプリメント
なるほど、白いちっちゃなお花、春に咲くセリのお花に似てますね

>このボタンボウフウ=長命草も、健康食品としてこれから有名になってくるのかもしれません。

資0堂 「長命草:ボタンボウフウ」
”きれいは自然の中にある”の、キャッチフレーズでありますよ~
2009/01/02(金) 21:14 | URL | わんちゃん #L1mRoPyo[ 編集]
健康は多種の食品から
訂正します。「健康食品としてこれから」と「有名に」との間に「ますます」挿入。
ボタンボウフウは古くから栽培され、他のメーカーからも錠剤などとして販売されてはいるのですが・・・
今まで無視されてきたものに薬効が発見されての「新発売」ではなく、昔から利用されてきたものなので、かえってインパクトが弱いのかもしれません。
今までも「○○は健康にいい」と言われたものがたくさんありましたが、それだけで万人に顕著な効き目があるものは無い、ということが、みんな次第に分かってきたのでしょうね。
2009/01/03(土) 11:59 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード