大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

スギゴケ属の一種


Polytrichum160605_1.jpg


 写真は、カナダのトレンブラン山山頂付近やその麓のトレンブランビレッジ(こちら)で、最もよく目についたコケです(撮影日は2016.6.5.)。 日本のウマスギゴケ Polytrichum commune によく似ているのですが、生きたままの土の付いたコケは日本に持ち込めず、採集は諦めましたので、同種か否かの判断は避けておきます。
 毛の密生した帽が蒴全体をすっぽり覆っています。 帽の取れた蒴を見ると、稜があって角張っています。


Polytrichum160605_2.jpg


 上は帽の取れた蒴を斜め正面から見たものです。 64本ある蒴歯は短く、縁歯 (peristome)とも呼ばれているようです。 蒴口は口膜と呼ばれている膜で覆われていますが、これは中軸の頂部が円形に広がったもののようです。


Polytrichum160605_3.jpg


 上は雄株です。 たくさんの包葉が重なり合っています。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード