大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

コウトウヤマヒハツ

コウトウヤマヒハツ 1

コウトウヤマヒハツ(別名シマヤマヒハツ)は、沖縄からフィリピンにかけて分布するトウダイグサ科の常緑低木です。
上の写真は川平(かびら)湾の遊歩道脇に何本かあったもので、自生なのか植えられたものかは分かりませんが、沖縄では庭木にするほか、観葉植物としても流通しているようです。
雌雄異株で、花弁の無い小さな花のあと、果実が房状に結実し、熟すにつれ、赤から黒に変わります。 果実は渋みと酸味があり、果実酒などに利用します。
「コウトウ」は台湾本島の南東沖にある孤島の蘭嶼(らんしょ)の旧名である紅頭嶼(こうとうしょ)からきています。
「ヤマヒハツ」は「山にあるヒハツ」の意味で、「ヒハツ」はコショウ科のツル性植物(明日の記事で触れます)なのですが、刺激的な味と房状につく実の様子からのつながりでしょうか。

コウトウヤマヒハツ 2

なお、コウトウヤマヒハツに近い種類で分布も似ている「ヤマヒハツ」というしょくぶつもあるのですが、コウトウヤマヒハツに比べると葉脈が多いようです。
スポンサーサイト
コメント
果実の色合い
だんだんと果実の色が変わっていくのが楽しめそうですねこの実を干してカリカリにして挽いたら胡椒みたいに使えるのでしょうか?
2008/12/29(月) 11:48 | URL | わんちゃん #-[ 編集]
No title
コショウのように使えるのは明日の主役です。
こちらはトウダイグサ科ですから、持っている成分はかなり違うようです。
2008/12/29(月) 17:21 | URL | そよかぜ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード