大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

オオシママドボタル


oosimamadobotaru151001_1.jpg


 上はオオシママドボタル(別名ヤエヤママドボタル)のオスです。 掌を這っています。 2015.10.1.に西表島で撮りました。 フラッシュの光でホタルの光は分かりません。
 オオシママドボタルの成虫は秋から冬にかけて出現します。 マドボタルの名前は前胸部が頭部の上にまで伸び、そこに透明な部分があるので、それを窓に見立てたものです。


oosimamadobotaru151001_2.jpg


 上は草むらにいた幼虫です。 オオシママドボタルは、卵、幼虫、サナギ、成虫のすべての段階で光りますから、夜に幼虫のいそうな場所を歩けば、幼虫のいる時期ならすぐに見つかります。
 ホタルの幼虫は水中に棲むと思っている人も多く、たしかにゲンジボタルやヘイケボタルの幼虫は水中で生活します。 しかし水中で生活するホタルの幼虫はごく少数派で、ほとんどのホタルの幼虫は陸上でカタツムリの仲間などの陸生貝類を餌にしています。

 メスはなかなか見つかりません。 メスも光りますが、物陰に隠れてフェロモンでオスを誘っているようです。 オオシママドボタルのメスは体長がオスの2倍ほどもあり、退化した痕跡的な翅しかないため飛ぶこともできません。

※ 同じマドボタルの仲間で、大阪府下で撮ったクロマドボタルの幼虫と成虫をこちらに載せています。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード