大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

マヤプシギ


mayapusigi151002_1.jpg

mayapusigi151002_2.jpg


 1枚目の写真には少しヤエヤマヒルギが混じっていますが、上はマングローブ構成樹種の一種であるマヤプシギまたはマヤプシキ Sonneratia alba です。 和名は「ハマザクロ」ですが、この名で呼ばれることの方が多いようです。 ちなみにこの名は西表の地方名(方言)で、「マヤ」は「猫」で、「プシキ」は「尻尾」や「ヘソ」などの説があります。 たくさんの呼吸根を出すことが特徴で、「猫の尻尾」はこの呼吸根をピンと立てた猫の尻尾に見立てたものでしょうし、「猫のヘソ」は果実の様子からだと思われます。
 マヤプシギを含むハマザクロ属は、従来はハマザクロ科とされていましたが、APG植物分類体系ではミソハギ科に移されています。 なお、従来ハマザクロ科とされていた植物は熱帯に分布する植物で、八重山諸島のマヤプシギは分布の北限であり、従来のハマザクロ科の分布の北限でもあります。

(2015.10.2. 西表島)

スポンサーサイト
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード