大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

ヒメタムラソウ

ヒメタムラソウ

南西諸島に生える日本固有のサルビア(Salvia)、ヒメタムラソウです。
写真のヒメタムラソウは、浦内川から数m離れたところで咲いていましたが、生育地の多くは山地の渓流沿いのようです。
名前のとおり、大阪付近などで普通に見られるアキノタムラソウなどに比べると、優しい感じがしますが、これは渓流沿いに生える知恵でしょう。 増水時に大きすぎる株では水の勢いを軽く受け流すことはできません。 サルビアの仲間にしては葉が細かく切れ込み、根生葉ばかりというのも、同様の理由で、水の抵抗に耐えるための工夫だと考えられます。

ヒメタムラソウの花
スポンサーサイト

シロヤマゼンマイ

シロヤマゼンマイ

西表島で見たシダをもう1種類、ゼンマイ科のシロヤマゼンマイです。
シロヤマゼンマイは最初に鹿児島県の城山で見つかったところからの名前で、静岡県、和歌山県と九州に分布しています。 しかし、沖縄県以外でこのシダを見ることは稀です。
ゼンマイの仲間とはいっても、常緑ですし、大きな鋸歯があり、みかけはゼンマイとはかなり違っています。また、ゼンマイでは胞子葉と栄養葉が分かれていますが、シロヤマゼンマイでは最下部から数対の羽片が胞子葉的に変化します。 でも、胞子をつけている様子は、この時期には見ることはできません。

シロヤマゼンマイ(羽片の一部)

コウモリシダ

コウモリシダ

西表島の林の中はシダの宝庫でした。 大型のシダも多いのですが、写真を撮ってもきりがないとあきらめました。 で、分かりやすいものを・・・
写真はコウモリシダです。 群生する様子がコウモリを思わせるというのですが、どうでしょうか?
屋久島・種子島以南に分布するシダで、胞子はついていませんでしたが、葉の裏側に規則正しい平行四辺形の網目模様があるのが特徴です(下の写真)。

コウモリシダの葉の裏

リュウキュウイナモリ

リュウキュウイナモリ

西表島の浦内川に沿った林の中に続く道で見た植物を連続して紹介しています。
今日はリュウキュウイナモリです。
リュウキュウイナモリは、沖縄本島が北限で、国内では沖縄本島、石垣島、西表島、与那国島に自生しています。
写真の株はそんなに大きくありませんが、よく成長したものでは1m程度になるようです。
花期は夏から秋で、もう花を見ることはできませんでしたが、タコノアシにも似た花序の様子は独特です。
1つひとつの果実もなかなかおもしろい形をしています。 まるで特撮テレビ番組「ウルトラQ」に出てきた怪獣カネゴンの口のようです。
じつはこのリュウキュウイナモリはサツマイナモリに近い仲間で、果実の形もサツマイナモリの果実によく似ているのですが、サツマイナモリは走出茎で盛んに増えますので、あまり果実をつけません。

リュウキュウイナモリの果実


(以下、1月25日追記)
現在、がん患者の治療のために植物成分由来の抗がん物質注が広く臨床に使われていますが、このリュウキュウイナモリには抗がん剤のカンプトテシンが含まれていることを、三重県のヒメちゃんに教えていただきました。
カンプトテシンは、最初キジュから抽出され、キジュ以外に含まれている植物を探したところ、このリュウキュウイナモリやチャボイナモリなどにも含まれていることが分かり、木本のキジュよりもこれらの草本の方が栽培が容易で研究に適した材料ということで、注目されているようです。
カンプトテシンはDNA複製阻害作用を持っていますので、カンプトテシンを生産している植物はカンプトテシンに対する自己耐性のしくみを持っているはずであり、このあたりの研究を進めることで、より効率的な抗がん物質の生産や、臨床現場での抗がん剤耐性の機構解明への応用が期待されているようです。

マルヤマシュウカイドウ

マルヤマシュウカイドウ

西表島の薄暗い林床、清水の滴る岩場に咲いていたマルヤマシュウカイドウです。 シュウカイドウ科シュウカイドウ属(=ベゴニア属)に分類されています。

ベゴニアの仲間は身近にあって見慣れていますが、多くは外国の種を元に改良した園芸種であり、シュウカイドウも中国原産です。 じつは日本国内で自生するベコニアの仲間は、このマルヤマシュウカイドウとコウトウシュウカイドウのみで、いずれも八重山諸島にのみ分布しています。

マルヤマシュウカイドウの花
マルヤマシュウカイドウの花 (左上と中央右が雌花、下中央が雄花)

マルヤマシュウカイドウの実
マルヤマシュウカイドウの実

マルバルリミノキ

マルバルリミノキの実

西表島の林内で見たマルバルリミノキ、瑠璃色の実が鮮やかでした。
大阪府下でもルリミノキはあるのですが、見かけることは稀です。 しかし、西表島の林内を歩いていると、マルバルリミノキが次から次へと現れました。

マルバルリミノキ

琉球弧の島では、マルバルリミノキの他、タイワンルリミノキ、オオバルリミノキ、ケハダルリミノキ、リュウキュウルリミノキなど、ルリミノキの仲間がたくさんあります。 みんな瑠璃色の実で似ているのですが、写真の木は、葉柄が殆ど無いことや線形の苞葉が発達していることなどから、マルバルリミノキだと思います。 茎も実も毛むくじゃらです。
花は1cmにも満たない小さな花ですが、拡大してみると、やはり毛がいっぱい(下の写真)。
花を見るとアカネ科の植物だなぁと納得できます。 大阪でよく見るツルアリドオシの花やサツマイナモリの花などと比較してみてください。

マルバルリミノキの花

アリモリソウ

アリモリソウの花

西表島の林内で見たアリモリソウの花です。
花は総状花序にまばらに付きます。 1cmにもならない小さな花なのですが、薄暗い林内では、白い花は遠くからでも目立ちます。
アリモリソウの花は、地面の方を向いてうつむいている個体が多く、見下ろして歩いていたのでは、花の内側にある紅紫色の美しい斑点は見えません。
茎の下部は地面に伏して這い、そこから急に立ち上がって(下の写真)、高さ20~50cmになります。

アリモリソウ

アリモリソウはキツネノマゴ科に分類されていて、分布は種子島以南。 宮崎県と鹿児島県でも自生地が確認されたということですが、昔から自生していたのか、温暖化に伴う分布の拡大なのかはわかりません。

「アリモリ」の名前は、沖縄の「有盛古墳」で最初に発見されたことによるようです。

亜熱帯照葉樹林

西表島の浦内川沿いの道の両側には、下の写真のような亜熱帯照葉樹林が広がります。

亜熱帯照葉樹林の内部
この写真は 680×1024 まで拡大できます

冬の寒さ対策として葉を落とす必要も無く、植物が年間を通して成長できる条件では、草本よりも、有利に光合成をするために太陽を求めて上へ上へと成長を続けることのできる木本が増えます。 シダもヒカゲヘゴなどの木生シダが見られます。

ほかの植物よりも上に葉を広げる方法として、たくさんある木を利用して、それにからまって上に上ろうとするツル植物という生き方があります。 上の写真でも、サトイモ科のハブカズラやタコノキ科のツルアダンが写っています。

高い所に葉を広げる方法として、空中湿度の高い林では、高い木の上にくっついて生活するという方法もあります。 着生植物です。 この写真には写っていませんが、多くの種類のラン科の植物や、シダ植物のシマオオタニワタリなどが、この方法を選択しています。

鳥などに高い木の上に種子を運んでもらい、そこで発芽し、空中の水分を吸収するために気根を伸ばす植物もあります。 クワ科に多く見られるのですが、この気根は、くっついている木に沿って下に伸び、気根どうしが互いにくっつきあって太るため、結果的にくっついている木を絞め殺すことになってしまいます。 このことは、いずれ別の記事にする予定です。

anettairin81206_4.jpg

浦内川

過去3回のマングローブ林の記事は、じつは全て西表島の浦内川河口付近で撮ったものでした。
浦内川は沖縄県内で最長の河川です。 遊覧船で川を遡ると、海水の影響が薄くなるにつれ、マングローブはなくなりますが、代わって亜熱帯のさまざまな植物が現れます。 木の生い茂る中にはイリオモテヤマネコもいるはずです。

浦内川 1

東南アジアの熱帯雨林では、多くの板根の発達した木を見ることができますが、西表島の亜熱帯照葉樹林でも板根を発達させる木が何種類かあります。 その代表が、下の写真のサキシマスオウノキです。

サキシマスオウノキ 1

遊覧船は軍艦岩まで。 ここから先は岩が多くて船では進めません。 ここから1.5kmあまり、マリユドゥの滝(下の写真)のそばまで、亜熱帯林の中を歩いてきました。

マリユドゥの滝

次回からはこの亜熱帯林で見た植物を、いくつか記事にしていきます。

ヤエヤマヒルギ

ヤエヤマヒルギ 1

ヤエヤマヒルギはオヒルギなどと同じヒルギ科に分類され、葉が対生であることなども同じですし、分布もよく似ています。 ただ、名前のとおり、特に特に八重山諸島に多く、石垣島や西表島の干潟では、大きな群落を形成しています。 また、オヒルギやメヒルギに比べて、塩分に対する耐性がより強く、マングローブの帯状分布では、より海側に生育しています。

呼吸根は、幹の根本近くからたくさん出て、枝分かれしながら弓なりに下に伸びます(下の写真)。 伸びた呼吸根は地面に入って行き、結果的に幹を支えているようにも見えるので、支柱根と言うこともあります。

ヤエヤマヒルギ 2

花期もオヒルギとほぼ同じですが、ガクは4枚で、4弁の白い花です。 胎生種子はオヒルギよりはるかに細長いものになりますが、この時期に見ることはできませんでした。
よく見ると、葉の先端に2~5mmの針のような突起があるのも、この種の特徴のひとつです(下の写真)。

ヤエヤマヒルギ 3

オヒルギ

オヒルギ 1

オヒルギはヒルギ科に分類される常緑高木です。 葉は対生です。
分布は、奄美大島以南の南西諸島から、中国南部、東南アジア、オーストラリア、ポリネシア、東アフリカに広がっています。

前回書いたように、マングローブ構成樹種の中には呼吸根を出すものが何種類かあるのですが、オヒルギの呼吸根は人の膝を曲げたように見えるところから、屈曲膝根と呼ばれています(下の写真)。

オヒルギ 2

花は晩春から夏に咲きます。 赤いガクが目立ち、萼筒の中にある花弁はあまり目立たないのですが、写真は12月に撮っていますので花はありません。

種子植物の一般的な話として、花の後に実ができますが、マングローブのような環境では、この実もしくは実の中の種子が落下しても、下は海水で、もし沈む実や種子なら酸素の少ない海水中で種子が発芽し幼植物に育つことは難しいでしょうし、浮く実なら波に乗ってどこかに流されてしまう危険性が大です。
そこでオヒルギや次回紹介予定のヤエヤマヒルギなどのヒルギ科の木では、メシベの子房の中で卵細胞が受精すると、胚は子房の壁を破って成長を続けます。 もう少し詳しく言うなら、胚の根を形成する部分が、親植物から栄養分をもらって、長く延びていきます。
「種子」とは胚がある程度成長した段階で、発芽に適した時期が来るまで殻に閉じこもって待機している状態を言うのですが、オヒルギなどでは、そのような意味での「種子」は作りません。
でも、この成長を続けるものは、通常の植物なら種子の中に入っている部分に相当しますから、これを「胎生種子」と呼んでいます。 
下の写真では、残存している赤いガクの中央から胎生種子が、バナナのように伸びてきています。
胎生種子の生産のピークは9月頃なのですが、まだたくさんの胎生種子が残っていました(下の写真)。

オヒルギ 3

十分成長し、20cm以上となった胎生種子はガクから抜け落ち、そのまま下の泥に突き刺さればそこで成長しますし、突き刺されなかったものは海水に流されて“旅”に出ます(海流散布)。 胎生種子には栄養分が蓄えられていますから、少々の“長旅”にも耐えることができます。
長持ちするのをいいことに、この胎生種子が石垣空港の土産物屋さんなどでも売られていましたが・・・。

※ オヒルギの花のつくりはこちらに載せています。

マングローブ

 熱帯や亜熱帯地域の潮間帯や河口の汽水域にはマングローブとよばれる特異な林が見られます。 この林を構成する樹種には、海水に耐えることのできる性質があり、根元が海水に浸かる場所にも生えています。
 これらの木の根の細胞も呼吸しており、酸素が必要なのですが、ただでさえ水から酸素を取り込むことは陸上に比べて難しいのに、海水は淡水に比較して溶存酸素が少ないので、木の種類によっては、酸素を取り込むために「呼吸根」を出します。 これらの海水の中に生える木やその呼吸根は、消波ブロックのように働くため、落ち葉や泥を貯め、栄養分豊かな特異な空間を形成し、そこにさまざまな生物が住むことになります。

 西表島のマングローブ林を構成する木には、ヒルギ科のオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、キツネノマゴ科またはヒルギダマシ科のヒルギダマシ、シクンシ科のヒルギモドキ、ハマザクロ科のマヤプシギなどがあります。

マングローブ林
主にオヒルギからなるマングローブの林内

モモタマナ

モモタマナの並木

石垣・西表まで来れば、当然のことながら、街路樹も大阪とは違ってきます。 西表島で特に多かったように思えたのが、写真のモモタマナでした。

モモタマナはシクンシ科に分類され、マレー半島が原産ともいわれていますが、熱帯各地に広く野生化しています。 自生地が海岸近くに多いのは、桃の種子を少し大きくしたような果実が水に浮く構造になっていて、海流に乗って分布を広げているからです。 ちなみに、種子は食用になるとの事です。
樹形は写真のように、自然に日傘のように横に広がりますので、木が大きくなれは、夏には良い日陰を作ってくれます。

写真でも葉があちこちで紅葉していますが、モモタマナは乾季に葉を落とします。
本州で落葉樹といえば冬に、つまり寒い時期に葉を落とす木になってしまいますが、落葉樹にはもう1種類あって、表面積が広くて水分を失いやすい葉を落葉させて乾季を乗り切るタイプがあります。 林を形成する場合は、前者を夏緑樹林というのに対し、後者を雨緑樹林と呼んでいます。
石垣や西表では、極端な乾季は無いでしょうから、せいぜい半落葉で、完全に葉を落とす時期というのは無いのだと思います。

下は、昔スリランカに行った時に撮ったモモタマナの花と実です。 フィルムのネガから作成しましたが、色が少しおかしくなってしまいました。
花は穂の付け根に近いところのものが少し大きく、これが雌花で、その先は全て雄花です。 雌花が実になると、雄花のついていたところは軸だけが残っています。


モモタマナの花



モモタマナの実


モモタマナの名前の由来については、高橋俊一氏は、つやつやした大きな葉は菜っ葉のようであり、「桃の種のような実が成る菜っ葉の木」つまり「モモタネナ」が転訛して「モモタマナ」になったのではないか、と考察されています。
(高橋俊一:世界の植物-植物名の由来-

アオタテハモドキ

アオタテハモドキ

石垣市市街地のはずれにいたアオタテハモドキです。
マダラチョウ科の蝶と違って毒を持っていない暖かい所のタテハチョウ科は元気そのもの、なかなか近づくことができません(写真もかなりトリミングしていますので、画像が荒れています)。 近づけば逃げますが、それでも写真のような地面が見える草地を行ったり来たりするだけで、決して林の中へ入り込もうとはしませんでした。

モドキとは、似ているがちがう、という意味ですが、アオタテハという蝶はいませんので、「アオタテハモドキ」は「青いタテハモドキ」でしょう。 でもタテハモドキという蝶はいるのですが(こちら)、このタテハモドキは、名前からするとタテハチョウではないことになりますが、立派な(?)タテハチョウです。
どうもジャノメチョウの仲間のように目玉模様が目立つタテハチョウの仲間に「○○タテハモドキ」という名前がつけられているようですが、それなら、「○○ジャノメモドキタテハ」とすべきでしょうに・・・ (名前が長すぎるかな?)

アオタテハモドキも土着地では周年成虫を見ることができるようです。 この蝶も地球温暖化の影響か、北上してきている蝶で、昨今では宮崎や鹿児島でも棲息が確認されているようです。
幼虫の食草は、キツネノマゴなどのキツネノマゴ科の植物であったのが、北上に伴い、オバコも食草としているようです。

写真はオスですが、メスは赤を基調とするものの、灰色が強かったり、青色がついていたりと、多様です。
-----
エフさんのブログには、迷チョウとして長崎に飛んできたアオタテハモドキの記事があります。

ボタンボウフウ

ボタンボウフウ 1

ボタンボウフウ( Peucedanum japonicum )は、関東以西の海岸沿いに自生するセリ科の多年草ですが、特に九州南部から沖縄諸島の海岸沿いに多いようです。
 石垣島では、自生しているものも見ましたが、あちこちの家の庭に植えられており、「長命草」とよばれて、薬草として、また野菜としても利用されるということでした。
 ホテルの食事にも、刺身にパセリを添えるように、このボタンボウフウの葉の上に刺身が盛られていました。 もちろん食べてみましたが、パセリに似た苦味をベースに、パセリとは少し違った味と香りがあり、刺身と一緒になかなか美味しくいただけました。

ボタンボウフウは葉が牡丹に似ているボウフウ、ボウフウは「防風」で、こんな草がなぜ風を防ぐのかと疑問に思っていましたが、この「風」は「風邪」のことのようです。
セリはもちろん、パセリもセリ科、セリ科の植物には食材として利用されるものがいろいろあります。 同じセリ科のアシタバは有名になりましたが、このボタンボウフウ=長命草も、健康食品としてこれから有名になってくるのかもしれません。

ボタンボウフウ 2

迎春

石垣牛

本年もよろしくお願いいたします。

上の写真は、石垣島で撮った石垣牛の写真に少し手を加えたものです。

和牛には、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4種類があります。
石垣島ではあちこちで牛が放牧されていましたが、私が見たかぎり、黒毛和牛ばかりでした。
石垣島で飼育された黒毛和牛は石垣牛と呼ばれています。 石垣牛は黒毛和牛の最高峰とも言われています。
来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード