大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤエヤマオオコウモリ


yaeyamaookoumori151001_1.jpg


 西表島(2015.10.1.)で、ギランイヌビワ(上の写真の右)に向かって飛ぶヤエヤマオオコウモリを発見! ヤエヤマオオコウモリ( Pteropus dasymallus yayeyamae )は植物食で、主に果実を食べていますが、ギランイヌビワの実(偽果)はヤエヤマオオコウモリの大好物です。


yaeyamaookoumori151001_2.jpg
ギランイヌビワの枝でまずは一休み 好物を前に舌なめずり

yaeyamaookoumori151001_3.jpg
横顔のアップ

yaeyamaookoumori151001_4.jpg
実を取りに移動 移動には手も使います

yaeyamaookoumori151001_5.jpg
実をGET!

yaeyamaookoumori151001_6.jpg


 ヤエヤマオオコウモリは翌日西表島の別の場所でも見ましたし、下はその翌日に石垣島で見たヤエヤマオオコウモリです。 台風の被害を受けやすいコウモリだとされているようですが、あちこちで見ることができて安心しました。


yaeyamaookoumori151003_1.jpg


 ヤエヤマオオコウモリはオオコウモリ科オオコウモリ属のクビワオオコウモリの1亜種とされていますが、上の写真を見ると「クビワオオコウモリ」という名の意味がよく分かります。
スポンサーサイト

マダラコオロギを襲うサキシマカナヘビ

 西表島と石垣島に行ってきました。 旅の日程などはこちらにまとめていますが、これからしばらくはこの旅行で見たものを連続して載せていくことにします。

 1回目は、西表島の森の中を通る路上で見た、マダラコオロギを襲うサキシマカナヘビがです。(撮影:2015.10.1.)


sakisimakanahebi151001_1.jpg

sakisimakanahebi151001_2.jpg

sakisimakanahebi151001_3.jpg


 サキシマカナヘビ( Takydromus dorsalis )は、西表島、石垣島および黒島にのみ分布する固有種で、尾がとても長く、日本に分布するカナヘビ科のなかでは最も体長が長くなる種です。
 カメラを近づけると、サキシマカナヘビはマダラコオロギを離して草叢に逃げ込みました。 残されたマダラコオロギについては、こちらに載せています。

来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。