大阪府堺市の自宅周辺とは少し違った自然とのふれあいの記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカコガラ


amerikakogara160603_1.jpg

amerikakogara160603_2.jpg


 写真はアメリカコガラ Parus atricapillus です。 左胸の黒斑部は、羽根が抜けているようで、本来は無い色です。
 英名は Black-capped Chickadee、黒い帽子を被ったコガラです。 ほとんどのコガラ属は黒い帽子を被っていると思うのですが・・・。

(撮影:2016.6.3. カナダ Saint-Bernard島

スポンサーサイト

コマツグミ


komatsugumi160530_1.jpg


 写真はコマツグミ Turdus migratorius です。 英語では American Robin で、ヨーロッパからアメリカに渡ってきた人たちが、ヨーロッパにいたロビン(コマドリ)がアメリカにいないのを残念に思い、胸の色の似ているこの鳥をこう呼んだようです。 しかし分類学的にはツグミの仲間で、タタタッと走って胸を張って立ち止まる姿は、まさしくツグミです。 和名も「コマドリのようなツグミ」という意味でしょう。


komatsugumi160530_2.jpg


 樹上では美しく囀っていました。

(撮影 : 2016.5.29. モントリオール ノートルダム・デ・ネージュ墓地)

サンショクツバメ


sanshokutsubame160603_1.jpg


 サンショクツバメ(三色燕) Petrochelidon pyrrhonota がたくさん集まっていました。 モントリオール近くのSaint-Bernard島で現地時間6月3日正午の撮影です。


sanshokutsubame160603_2.jpg

sanshokutsubame160603_3.jpg


 どうも泥を運んでいるようです。 集団で巣材集めでしょうか。 似た場所もあるのに、この場所だけに集中していました。

 サンショクツバメは北アメリカのほぼ全土で繁殖しています。 冬は南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、チリなど)に渡って越冬するようです。
 英語では Cliff Swallow と呼ばれています。 崖に巣を作るツバメといった意味でしょうが、日本同様、軒下や橋下なども崖に見立てて巣を作っているようです。

 写真と同じ場所に午後5時に行くと、1羽もいませんでした。 ちなみに、モントリオールのこの頃の日暮れは午後9時過ぎですので(こちら)、午後5時は(空腹感を別にすれば)真昼間です。

セジロコゲラ


sejirokogera160603_1.jpg

sejirokogera160603_2.jpg


 写真は Melanerpes carolinus と同じ場所で撮った Picoides pubescens のオスです。 カナダとUSAの大部分の地域に分布していて、よく見かけるキツツキです。 コゲラに似ていて背中が白いことから、セジロコゲラという和名を持っています。 メスは後頭部の赤い色が無いのですが、残念ながら撮影場所には来てくれませんでした。
 英名は Downy Woodpecker(“綿毛キツツキ”)です。 特にフワフワしているようにも思えないのですが・・・。 なお、Hairy woodpecker(“毛深キツツキ”)P. villosus は、これとよく似ていて、分布域も一部重なります。

(2016.6.3. モントリオール近くの Saint-Bernard島)

Melanerpes carolinus


Melanerpes160603_1.jpg


 カナダのモントリオールの近くにある Saint-Bernard島には、入場料が必要な、自然を保護している区画(といっても、とても広い)があり、鳥に関しては観察棟や餌台などが設置されています。
 上の写真の餌台では、平置き、吊り下げ、そしてキツツキ用の3種類の給餌ができるようになっていて、さまざまな野鳥が次々と来ていました。


Melanerpes160603_2.jpg


 上はその餌台に来ていたキツツキの一種、Melanerpes carolinus のオスです。(撮影:2016.6.3.) この鳥は北アメリカ大陸の中央部~東部に分布していて、和名は無いようです。 赤い頭に目が行きますが、英名は Red-bellied Woodpecker で、“赤腹キツツキ”です。 腹部はほんのり赤いだけですが、Red-headed woodpecker(“赤頭キツツキ”)も別種として存在するので、しかたないのでしょうね。


Melanerpes160603_3.jpg


 熱心に食べてます。


Melanerpes160603_4.jpg

Melanerpes160603_5.jpg


 粘着性のある長い舌を伸ばし、それに餌をくっつけて口に運んでいるようです。

 下はメスです。 メスの頭頂は赤くありません。


Melanerpes160603_6.jpg

Melanerpes160603_7.jpg



来ていただいて、ありがとう
'08.12.14.より
数字にマウスを載せると推移が出ます
お帰りにポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
カテゴリ
最近のコメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
プロフィール

SOYO.jp

左木山祝一
大阪府堺市に住む自然好きの、植物や昆虫などとの出会いの記録です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。